住宅ローンの返済は大変

Posted by: 住宅業界の人 in 不動産, 新築 コメントは受け付けていません。

住宅を購入するということを考えるときになかなか購入する決心がつかないということはありませんか。
住宅を購入するためには住宅ローンを組むのが一般的です。
住宅ローンは何十年間と返済していかなければいけないローンです。
仕事を定年退職したあとも払い続けるのは大変です。
そのため購入をするのなら早い内から計画を立てておくことが大事です。
今は住宅を購入せずにずっと賃貸で生活をしたほうがいいと考える人も多いようです。
賃貸物件のメリットはずっと同じ場所に住み続ける必要がないことや、手軽に生活できるところでしょうか。
デメリットは家賃を払い続けても自分の持ち物になることがない、あまり部屋をいじることができない、周りに気を遣わなければいけないなどです。
住宅のメリットは住宅ローンの返済を済ませればその住宅が自分のものになる、部屋をすきにいじることができる、売ることもできるなどです。
デメリットは住宅ローンの返済が大変である、固定資産税などの税金がかかる、定期的に修繕をしなければいけないなどです。
どちらにもいいところわるいところがあるので、自分に合った方を選ぶのが一番いいと思います。
ただ、高齢になってくると賃貸物件を借りることが難しくなるようです。
今は高齢者向けのところもあるみたいなのでそこまで心配することはないのかもしれませんが。
よく家賃を支払うぐらいなら住宅ローンで家を買った方がいいなどといわれますが、住宅を購入した後も維持するためにお金はかかってきます。
ですので、自分でどちらがいいのかをじっくり考えて選ぶようにしていきましょう。

部屋探しは優先順位をつけよう

Posted by: 住宅業界の人 in 不動産 コメントは受け付けていません。

予算のことが分かったところで次は部屋探しのことを考えなければいけません。
部屋探しをするときにはまず情報を情報誌やインターネットで簡単に見て下さい。
そのあと何が必要なのか考えてみて下さい。
駅に近い方がいいなとか、ロフト付きのところでモニターがついているインターホンはあったほうがいいなとか希望することが結構出てくるのではないでしょうか。
この希望したことは紙にメモしておいてください。
その中で絶対に必要なものとそこまでは必要ないかもしれないなというものに分けて下さい。
しかし、分けるのも難しいところがあると思います。
そのような時には自分がそこに住んでいるところをイメージしてみて下さい。
できれば具体的に希望している設備なども使っている様子を鮮明にイメージしてみて下さい。
そうすると、いると思ってたけどこれはあまり必要なかったというような感じで分けやすくなります。
できれば優先順位をつけておくといいでしょう。
そのあとに情報を本格的に集めていって下さい。
そうすると物件が選びやすくなっているはずです。
また多くの情報が入ってくるので、これはいいかもと思うこともあるかと思います。
そういうときはまた練り直してみるのもいいでしょう。
事前にある程度の知識や考えを身につけずに不動産会社に行くと自分が期待していた物件と違うものを進められるがままに契約してしまうこともあります。
どのような物件でもいい場合でも知識や考えを身につけておくといいのではないでしょうか。

予算で決まる賃貸物件

Posted by: 住宅業界の人 in 不動産 コメントは受け付けていません。

賃貸物件を探す時に一番先に考える必要があるのは予算でしょう。
予算は一般的に家賃の6ヶ月分が目安といわれています。
大体敷金が3ヶ月、礼金が1ヶ月、仲介手数料が1ヶ月、前家賃が1ヶ月ぐらいです。家賃が5万円だとすると30万円を用意しておくということです。
それに引越の代金と火災保険料があったり、鍵交換費を請求するところもあるようです。敷金と礼金を支払わなくてもいい物件も結構あるので予算を抑えたい時にはそういった物件も視野に入れておくといいでしょう。
敷金とは賃貸物件を借りるときの担保として貸し主に預けておくお金のことになります。貸し主はこれを預かっておくことで借り主が貸し主に故意に損害を与えた場合に、貸し主はこの敷金でその損害を補填することができるのです。
具体的には、借り主が借りている部屋に損害を与えたり、家賃を支払わなかったりしたときです。
普通に生活をしている分には敷金は退去するときに全額戻ってくることになります。
礼金は貸し主に感謝の意をこめて、払うお金のことです。
この礼金は古くからある慣習で、特に最近は部屋の空きを出したくない貸し主が無料にするケースが多くあります。
仲介手数料は不動産会社が貸し主と借り主を仲介したということで不動産会社に支払うお金のことです。
入居する月の家賃は事前に払っておかなければなりません。これを前家賃といいます。例を挙げると4月に払う家賃は5月に住むための家賃なのです。