1坪洗面室

Posted by: 住宅業界の人 in 住宅 コメントは受け付けていません。

今までは洗面室の広さは1坪が一般的でした。しかし、最近では洗面室を重要視する人が多く、1坪以上の広々とした洗面室を設ける家庭が増えています。しかし、我が家は1坪しかスペースを確保できませんでした。限られた広さでも最大限に有効活用できるように工夫を凝らしました。

まず、デッドスペースが生まれないように洗面室のドアを引き戸にしました。そして、限られた広さでも必要なものをきちんと収納できるスペースを確保するため、できるだけ壁面を確保したのです。通常、洗濯機の上部辺りに設けられる窓ですが、洗濯機の上部を壁面にして収納スペースを確保したかったので、洗面室の窓は天井近くの高い位置に設けました。そして、チェーンで開閉できるものを選びました。そうすることでしっかりと明るさを確保できながらも、風の流れを確保できるため風通しもいいのです。

洗濯機の上部には可動オープン棚を設けて下着やパジャマを収納することができました。そしてこの洗濯機と洗面室を隣り合わせに設置すると30㎝ほどの隙間が生まれました。隙間をそのままにしておけばゴミが溜まるだけです。そこで洗面台と同じ奥行と高さがある隙間収納を設けました。タオル類やお化粧道具、洗濯関連用品など洗面周りで必要なものをきちんと収納できるのです。

また、入浴時には着替えなどを置くカウンターがあると便利です。そこで開閉式のカウンターを設けて、必要な時はカウンターを出し、使わない時はカウンターをスッキリと壁に収められるようにしたのです。このように工夫を凝らしたことで1坪でも利用しやすい空間となっているのです。

重要な洗面室

Posted by: 住宅業界の人 in 住宅 コメントは受け付けていません。

洗面室は家族みんなが使用する場所です。手洗いや歯磨き、ヘアセットやお化粧など身支度をしたり、入浴の前後など一日を通して家族みんなが何度も使用します。また、洗面室に洗濯機を置く家庭が多く、洗濯機があることで家事を行う場所でもあるのです。家族みんなにとっても大事ですし、家事を行う主婦にとっても重要な空間となります。それだけに家造りでリビングに次いで洗面室を重要視する家庭は非常に多いのです。

その傾向として、今までは洗面室の一般的広さは1坪と言われていました。しかし最近では1坪以上の広さに余裕を持たせた洗面室が増えているのです。家族が多い家庭では、朝の身支度を行う際に洗面室が混み合い、思うように身支度ができない!と不満に抱えていることも多いのではないでしょうか。広さに余裕のある洗面室にすることで、大きな洗面台を設置することができます。大きな洗面台があれば、家族が二人並んで歯磨きをしたり、身支度を行うことができるため、忙しい朝の時間帯でもスムーズに身支度を行えます。

またいろいろな用途で使用する洗面室では必要なものが多い場所でもあるのです。そこで広さに余裕があればたっぷりと収納スペースを確保することができます。壁一面にオープン棚を設けて洗濯関連用品や、タオル類、そして家族の下着やパジャマまでここに収納しておくと便利です。必要なものがきちんと管理できることで、洗面室に物が散らかりにくく作業スペースを広々と確保できるのです。そしてここに洗濯機があることから、室内干しを完備しておくのも家事の効率を高められていいと思います。洗面室が重視されるのも納得ですね。