変更時にはご注意を!

Posted by: 住宅業界の人 in リフォーム コメントは受け付けていません。

  家に帰るとほっとしますね、ふかふかのベッドに横になると気持ちよくて落ち着きます。

知人にベッドではなくベッドと壁の隙間に横になるのが大好きという人がいます、理解できませんがとにかく狭いところが大好きらしいのです。

きっと前世はみの虫に間違いないでしょう。

ところで一番落ち着くといえばやはり風呂ではないでしょうか?

家を建てるまたは建替えるとしたら風呂にこだわりたいと思います。

後は使い勝手が悪いと一生苦労しそうな台所ですね。

この2ヶ所が大事だと思っているのに以前失敗をしてしまった苦い経験があります。

風呂を作った時の事です、建築屋さんとは十分打ち合わせをしたつもりだったのですが着工後からなかなか見に行けずにいました。

少し離れたところに住んでいてまた忙しい時期だったのですがなんとか見に行ってびっくり、ガス釜を室外に設置しようとしていたのですが注文では室内で頼んだ筈なのです。

あわてて変更をお願いしましたが風呂桶を小さくしないとガス釜が入らないというので小さい風呂桶に替えてもらう事になりました。

ただ大きい風呂桶用に排水パイプが出来上がってしまっているそうで小さい風呂桶の排水口とは合わないからなんとかつなげますとの事でした。

やがて完成し入浴しましたが快適でした。

その後数年は何の問題もなかったのですが何となく排水が悪い感じになりやがて排水しなくなりました。

苦情を言いたくても建築屋さんは廃業したのか分かりませんが連絡が取れません。

最初のうちは残り湯を洗濯やトイレに使って「いい節約になるな。」と強がっていましたが結局修理を頼みました。

建築屋さんに注文をする予定のある皆さん、何らかの事情で建築の変更が必要になる事はあると思いますがよく話しをして不具合が出ないよう気を付けて下さい。