長期固定のフラット35

Posted by: 住宅業界の人 in 新築 コメントは受け付けていません。

フラット35といわれる住宅ローンがあります。

住宅の新築や不動産を購入するのなら住宅ローンのことを知っていなければいけません。

フラット35は公的機関の独立行政法人である住宅金融支援機構が民間金融機関を支援することで行われている住宅ローンです。

住宅ローンは住宅を購入するためには資金が足りないことがほとんどのため、その資金を補助するために使われています。

フラット35は長期固定金利の住宅ローンです。

金利には固定金利と変動金利があって固定金利は低金利時や長期間の借り入れの時に向いています。

金利というのは利息を%形式で表したものです。

固定金利であれば返済額が固定なので低い金利の時であれば、景気などで他の金利タイプの金利が上がっても固定金利の返済額は低い金利の時のままなのでお得なのです。

また長期間の返済の時には、変動金利などであれば金利が上がったり下がったりと安定しません。

変動金利は、景気などによって金利が変わっていく金利タイプです。

下がるのはいいのですが金利が上がり続けたら対応できなくなります。

そのリスクを避けることができるのが固定金利なのです。

フラット35のいいところは保証料というものが無料なところです。

一般の金融機関であれば保証料が必要になるところが多いです。

金融機関としてはお金を貸すのだから、保証人が欲しいと考えます。

しかし、住宅ローンという高額の借金の保証をしてくれる人はあまりいないでしょう。

そのため保証会社が保証人となるのです。

もちろんただとはいきませんから、保証会社に保証金を支払うことになります。

この保証金は100万円を超えることもあります。借入額や期間によって変わります。

フラット35にはこの他にもいろいろメリットがあります。

住宅ローンの借り入れをするときには検討してみるようにしたほうがよいでしょう。

住宅ローンの諸費用

Posted by: 住宅業界の人 in 新築 コメントは受け付けていません。

住宅ローンを借り入れするのは一生に一度のことということが多いでしょう。
そのため、住宅ローンのことはわからないことばかりではないでしょうか。
私の友人が新築を大分で建てたのですが、彼も最初は全く分からなかったそうです。
住宅ローンを借りようと考えた時にはまず、インターネットで調べてみるのがいいと思います。
詳しく書いているサイトがいっぱいあるのでそういったところを参考にするのもいいでしょう。
住宅ローンを借りる時に気になることとして、どのような費用がかかるのかということがあると思います。
一般的に保証料、印紙代、火災保険料、事務手数料、抵当権の設定費用等が必要になってきます。
このうち保証料の分が大きいです。
借り入れる金額にもよるのですが何十万円という額が必要になってきます。
通常は融資時に払わないといけないのですが、住宅ローンに組み込むこともできるようです。
今は保証料が必要ない住宅ローンもありますので、そっちを利用するのも手かもしれません。
フラット35も保証料は必要ありません。
他に気にかかることとして生命保険に加入しなければいけないことでしょうか。
住宅ローンを借り入れるために生命保険に加入しなければいけないことがほとんどです。この生命保険のことを団体信用生命保険といいます。
保険に入らなければいけない理由は、もし住宅ローンの返済期間中に借り主が死亡してしまったりした場合に家族に返済の負担がかからないようにするためです。
この保険に入っていることによって死亡した時に住宅ローンを全部返済することができます。

変動金利ってどうなの?

Posted by: 住宅業界の人 in 不動産, 新築 コメントは受け付けていません。

変動金利のことを説明します。
変動金利は住宅ローンの借入期間中に短期プライムレートと連動して金利が変動します。
短期プライムレートというのは、銀行が優良な企業にお金を短期的に貸し出すときの優遇金利のことを指します。
この優遇金利をもとにして住宅ローンの変動金利も決まってくるのです。
変動金利を借りられる方も多いのですがこの変動金利はリスクも多くあります。
変動金利は金利が低くなる時には便利なのですが、金利が上がってきた時にやっかいなのです。
変動金利の見直しが半年に一度行われるのですが、その時に金利があがったとします。
その時、金利があがってもいきなり返済額が変わるということはありません。
5年間は返済金額が変わらないようになっています。
ではどうやって金利が上がった調整をするのでしょうか。
5年後に一気にあげるのかというとそういうわけではありません。
返済金額の振りわけを調整しているのです。
具体的にいうと利息と元金がありますが、利息の支払いを多くし、元金の支払いを少なくします。
こうすることで増えた分の利息を確保します。
元金の支払いが少なくなるので利息の支払いがなかなか減りません。
金利が上がりすぎると利息の支払いだけで返済金額をオーバーしてしまい、元金が全く減らないという状況になることもあるようです。
そうなってしまうと借り換えをしたりしなければなりませんが、金利も大きく上がっているので借り換えも難しい状況になることがあるので十分に気をつけて下さい。

まず金利について考える

Posted by: 住宅業界の人 in 不動産, 新築 コメントは受け付けていません。

中古住宅、中古マンション、新築住宅などを購入する時には、一般的に住宅ローンを利用します。
住宅ローンを主に取り扱っているのが銀行です。
銀行で住宅ローンを借り入れする場合には、銀行によって取扱いできる地域が決まっていたりするので確認しておくといいでしょう。
住宅ローンを借り入れするには申し込みをして審査を受けます。
その審査に通過すると住宅ローンを借り入れすることができるようになります。
住宅ローンを考える時にはまず金利について考えたほうがいいでしょう。
金利には全期間固定金利型と固定金利選択型と変動金利型があります。
今回は全期間固定金利型と固定金利選択型のことを説明します。
全期間固定金利型は住宅ローンを借り入れしてから返済するまでの期間の金利が決まっています。
返済する金額がきまっているということで、計画が立てやすく、安定した返済をしていくことができます。
この全期間固定金利型の代表的な住宅ローンはフラット35です。
フラット35は住宅金融支援機構と民間金融機関が協力して行っている住宅ローンです。固定金利は借入時の金利は変動金利よりも高いのですが、その分安定した返済が出来るようになっています。
私の友人も健康住宅を大分に建てた時に全期間固定金利で借りたそうです。
固定金利選択型は、固定金利の期間が一定で、その期間が終わった後に再度固定金利にするか、変動金利にするかを選びます。
気をつけておきたいのは、一定期間が終わって再度選びなおす時にはそのときの金利になるところです。

住宅ローンの返済は大変

Posted by: 住宅業界の人 in 不動産, 新築 コメントは受け付けていません。

住宅を購入するということを考えるときになかなか購入する決心がつかないということはありませんか。
住宅を購入するためには住宅ローンを組むのが一般的です。
住宅ローンは何十年間と返済していかなければいけないローンです。
仕事を定年退職したあとも払い続けるのは大変です。
そのため購入をするのなら早い内から計画を立てておくことが大事です。
今は住宅を購入せずにずっと賃貸で生活をしたほうがいいと考える人も多いようです。
賃貸物件のメリットはずっと同じ場所に住み続ける必要がないことや、手軽に生活できるところでしょうか。
デメリットは家賃を払い続けても自分の持ち物になることがない、あまり部屋をいじることができない、周りに気を遣わなければいけないなどです。
住宅のメリットは住宅ローンの返済を済ませればその住宅が自分のものになる、部屋をすきにいじることができる、売ることもできるなどです。
デメリットは住宅ローンの返済が大変である、固定資産税などの税金がかかる、定期的に修繕をしなければいけないなどです。
どちらにもいいところわるいところがあるので、自分に合った方を選ぶのが一番いいと思います。
ただ、高齢になってくると賃貸物件を借りることが難しくなるようです。
今は高齢者向けのところもあるみたいなのでそこまで心配することはないのかもしれませんが。
よく家賃を支払うぐらいなら住宅ローンで家を買った方がいいなどといわれますが、住宅を購入した後も維持するためにお金はかかってきます。
ですので、自分でどちらがいいのかをじっくり考えて選ぶようにしていきましょう。