中古住宅を購入する

Posted by: 住宅業界の人 in 不動産 コメントは受け付けていません。

新築住宅を建てた場合、住宅の主要構造部分に瑕疵があった場合、売主が10年間瑕疵担保責任を負うことを定めた法律があります。これは、構造計算書偽装問題発覚後、制定された法律で、新築住宅買い主の利益を保護しています。しかし、中古住宅を購入する場合は、その法律は適用されず、問題が起きた場合、買い主の利益が保護されません。

先日、日本住宅保証検査機構による中古住宅向けの住宅瑕疵保険ができて、中古住宅を扱う不動産業者の中にはこの保険を中古住宅の販売につけるところも出てきたという記事を見ました。構造計算書偽装問題や欠陥住宅問題など、さまざまな事件や問題が発覚し、それをきっかけとして、消費者を守る法律ができました。多くの被害者の苦悩があって、それが国を動かしましたが、本当に長い道のりでした。時代は、新築住宅だけでなく、中古住宅に対しても、消費者のリスクを軽減していこうとしています。

問題は、消費者である私達の意識の問題です。何の努力もせずに守られるということはありません。この制度もそうです。確かに、保険がつくことで、中古住宅を購入した買い主は守られますが、瑕疵があるかどうかは、買い主が認識しなければなりません。誰かが見つけてくれるわけではありません。まして、不動産業者が指摘してくれるわけではありません。瑕疵を認識した上で、この保険を利用して、修理修繕して初めて、この制度がきちんと利用できたということになります。新築にしろ、中古住宅にしろ、購入する場合は、色々な情報を入手し、その情報を勉強理解した上で、自分や家族を守っていくことが大切なことです。この制度があるから安心なのですが、利用しないに越したことはありません。でも、不運にも問題が起きた場合は、この制度が財産を守っていきましょう。

まず金利について考える

Posted by: 住宅業界の人 in 不動産, 新築 コメントは受け付けていません。

中古住宅、中古マンション、新築住宅などを購入する時には、一般的に住宅ローンを利用します。
住宅ローンを主に取り扱っているのが銀行です。
銀行で住宅ローンを借り入れする場合には、銀行によって取扱いできる地域が決まっていたりするので確認しておくといいでしょう。
住宅ローンを借り入れするには申し込みをして審査を受けます。
その審査に通過すると住宅ローンを借り入れすることができるようになります。
住宅ローンを考える時にはまず金利について考えたほうがいいでしょう。
金利には全期間固定金利型と固定金利選択型と変動金利型があります。
今回は全期間固定金利型と固定金利選択型のことを説明します。
全期間固定金利型は住宅ローンを借り入れしてから返済するまでの期間の金利が決まっています。
返済する金額がきまっているということで、計画が立てやすく、安定した返済をしていくことができます。
この全期間固定金利型の代表的な住宅ローンはフラット35です。
フラット35は住宅金融支援機構と民間金融機関が協力して行っている住宅ローンです。固定金利は借入時の金利は変動金利よりも高いのですが、その分安定した返済が出来るようになっています。
私の友人も健康住宅を大分に建てた時に全期間固定金利で借りたそうです。
固定金利選択型は、固定金利の期間が一定で、その期間が終わった後に再度固定金利にするか、変動金利にするかを選びます。
気をつけておきたいのは、一定期間が終わって再度選びなおす時にはそのときの金利になるところです。

中古住宅はリノベーション

Posted by: 住宅業界の人 in リフォーム, 不動産, 新築 コメントは受け付けていません。

最近は中古の住宅を購入する方も多くなってきているようです。
購入した中古住宅をリノベーションして自分のライフスタイルに合わせた造りにして快適に生活を送りたいという考えみたいです。
リノベーションというのはテレビでよくあるような住宅を生まれ変わらせる工事のことです。
リフォームというのではないかと思うでしょうが、ああいった大規模で生活が新しくなるようなものはリノベーションというらしいです。
中古住宅は新築と比べて値段が安いのでリノベーションをセットで行うことで新築に負けない素敵な住宅になるようです。
中古住宅の値段とリノベーションの値段を合わせた金額を新築よりも多くかける方もいるようです。
自分に最高にあった住宅に住むという感じでしょうか。
そういった住宅にしたいと考えている場合には中古住宅を購入する前にリノベーションをする会社に話を聞いておいたほうがいいでしょう。
そうすることで、中古住宅を購入したのにリノベーションをすることができない構造だったなどのことを防げるのではないでしょうか。
中古住宅は印象としてすぐに壊れてしまうのではないかなどと悪い印象を持ってしまいがちなのですが、そういったことは滅多にあるものではありません。
どうしても心配ならば、プロにチェックをしてもらうことで問題があるのかないのかわかるのではないでしょうか。
他に中古住宅だと人気のある地域でも比較的安く買うことができることもあります。
そういった点も魅力ではないでしょうか。