造り付け家具

Posted by: 住宅業界の人 in 住宅 Add comments

テレビ台や本棚、カップボード、カウンターなど生活をしていくには家具が必要です。これらの家具をオーダーメイドで造りこんだ家具のことを造り付け家具と言います。最近では新築住宅やリフォームの際に造り付け家具を取り入れる人が増えてきました。まず造り付け家具の魅力は、建物の空間に合わせて家具を造り付けるので、その場所にピッタリの家具を設けることができるのです。

空間にピッタリなのでスッキリとまとまりのある空間が広がるのです。また自分好みのデザインや素材を使用することもでき、既製品とは違いオンリーワンの家具を手に入れることができるのです。使いやすく家具への愛着も増すのです。
多いのが、リビングのテレビ台など壁面収納と一体化させるスタイルや、オープン棚を取り入れ見せる収納を取り入れたり、好みに合わせてデザインを決め、収納力をアップさせることもできるのです。

壁に家具を固定させた造りにしたりするなど、突っ張り棒や金具などで固定する必要がないので家具の倒壊などを防ぐことができます。造り付け家具は耐震性に優れているのです。日本は地震大国でもあるだけに耐震性の高さは大きな魅力と感じるのではないでしょうか。しかしこれらの魅力がある一方で、こだわりすぎることで割高な家具になってしまうのです。

最近では既製品家具はかなり安価に手に入れることができます。それと比較すると高くて断念してしまうという人も少なくありません。また部屋の雰囲気を変えたいと思っても模様替えすることができないというデメリットもあります。造り付け家具のメリット・デメリットを知り取り入れてみてほしいと思います。

Comments are closed.