壁面収納

Posted by: 住宅業界の人 in 住宅 Add comments

先日遊びに行った友人宅には、リビングの壁一面を利用して壁面収納を設けていました。テレビ台を含め、壁一面を利用して設けられた造り付けの壁面収納があることで、リビングがより広々感じられ、空間にまとまりを感じられました。この壁面収納は見せる収納を隠す収納が取り入れられており、それを上手に活用し、物はきちんと片づけられるが、見せる収納でリビングのデザイン性も高めていました。

最近空間にぴったりの造り付け家具を取り入れる家庭が増えてきました。空間にぴったりの家具を取り付けることでデッドスペースを生まず、空間を有効的に利用できるのです。このような壁面収納があることで空間のあちらこちらに収納アイテムを設置しなくてよくなるので空間がスッキリとするのです。リビング内に子どものおもちゃをしまう収納ケースを設置したり、電話台を置いたり、あちらこちらに収納ケースやキャビネットを設置することで空間に凹凸が生まれ、狭さや圧迫感を与えてしまいます。

壁面収納を取り入れることでこれを解消できるのです。下部はテレビ台を設けその両サイドには壁いっぱいに収納スペースを設けます。ここには子どものおもちゃをしまうといいでしょう。そしてテレビの両サイドはオープン棚にします。見せるようにアイテムを並べて片付けるのもいいですし、お気に入りの雑貨を並べてインテリア性を高めるにも有効です。天井近くの上部にはキャビネットを設けます。ここにはDVDや日用品など見られると生活感を感じてしまうものを収納するといいのです。壁面収納を取り入れ空間にまとまりを与え、物が片づけられるようにするのはいいなと思いました。

Comments are closed.