LDKの一体化で気を付けること

Posted by: 住宅業界の人 in 住宅 Add comments

最近ではLDKの一体化を重視する人が増えてきました。それが一番人気の間取りでもあります。以前はダイニングとリビングの間には壁や建具で空間を区切ってしまうことが多かったです。広さというよりは、個室が多い住宅といった印象です。しかし最近ではLDKの間にできるだけ壁や建具を設けず、広々と開放感のある空間を求める人が多いのです。空間を区切ることで閉鎖的な印象や圧迫感を感じてしまうからです。

しかしLDKの一体化を追求しすぎることで、空間が単調になり間延びしてしまうこともあります。LDKとの一体感を大事にしながらも、それぞれの空間の緩やかにゾーニングすることで、空間にメリハリが生まれ、スッキリとした空間が広がるのです。

例えば、家族団らんの場となるリビングをダウンフロアにします。階段2,3段分の高低差を付けることで、空間的な繋がりは損なうことなく、空間を緩やかに区切ることができるのです。最近では、リビングを広々と確保してリビング内に和室を設けたり、リビングの延長上に和室を設ける間取りが人気です。そこで洋風のリビングと和風の畳の部屋が違和感なく存在するように、和室を小上がりにする家庭も少なくありません。段差を設けて空間をゾーニングするのはいいと思います。

またリビングとダイニングの間に気の面格子を設けてゾーニングするのもいいと思います。面格子が空間のアクセントにもなってくれますし、それぞれの空間にしっかり明るさを通してくれるので閉鎖的な印象にはなりません。面格子が視線を緩やかにカットしてくれるので、リビングからの視線を気にせず食事を楽しめるのです。LDKの一体化考える際には、空間へのメリハリをつける方法も考えておきましょう。

Comments are closed.