長期固定のフラット35

Posted by: 住宅業界の人 in 新築 Add comments

フラット35といわれる住宅ローンがあります。

住宅の新築や不動産を購入するのなら住宅ローンのことを知っていなければいけません。

フラット35は公的機関の独立行政法人である住宅金融支援機構が民間金融機関を支援することで行われている住宅ローンです。

住宅ローンは住宅を購入するためには資金が足りないことがほとんどのため、その資金を補助するために使われています。

フラット35は長期固定金利の住宅ローンです。

金利には固定金利と変動金利があって固定金利は低金利時や長期間の借り入れの時に向いています。

金利というのは利息を%形式で表したものです。

固定金利であれば返済額が固定なので低い金利の時であれば、景気などで他の金利タイプの金利が上がっても固定金利の返済額は低い金利の時のままなのでお得なのです。

また長期間の返済の時には、変動金利などであれば金利が上がったり下がったりと安定しません。

変動金利は、景気などによって金利が変わっていく金利タイプです。

下がるのはいいのですが金利が上がり続けたら対応できなくなります。

そのリスクを避けることができるのが固定金利なのです。

フラット35のいいところは保証料というものが無料なところです。

一般の金融機関であれば保証料が必要になるところが多いです。

金融機関としてはお金を貸すのだから、保証人が欲しいと考えます。

しかし、住宅ローンという高額の借金の保証をしてくれる人はあまりいないでしょう。

そのため保証会社が保証人となるのです。

もちろんただとはいきませんから、保証会社に保証金を支払うことになります。

この保証金は100万円を超えることもあります。借入額や期間によって変わります。

フラット35にはこの他にもいろいろメリットがあります。

住宅ローンの借り入れをするときには検討してみるようにしたほうがよいでしょう。

Comments are closed.