住まいの顔

Posted by: 住宅業界の人 in 住宅, 新築 コメントは受け付けていません。

玄関は住まいの顔とも言われます。それだけに美しく、清潔に保ちたいものです。家族が毎日出入りしますし、家に来たお客様がまず最初に足を踏み入れる場所でもあるだけに、出入りしやすく、いい第一印象を与えられるようにしたいものです。

そこで玄関の動線を二つに分けてみてはいかがでしょうか。メインの玄関と家族用の玄関と動線を二つに分けることで、メインの玄関がより美しく保ちやすくなるのです。家族用の玄関部分には収納力に優れたシューズクロークも設けておきます。可動オープン棚を設け、そこで家族の靴を大容量に収納します。オープン棚なのでどこにどの靴があるかが一目で把握できますし、出し入れもしやすいのです。

そして、靴だけでなく、子ども達の屋外用のおもちゃ、工具、洗車用具、アウトドア用品などまで棚に整理することができればより玄関スペースが片付けやすいのです。そして、土間収納スペースもしっかりと設けておきましょう。屋外で使用して汚れていてもサッと片付けることができる便利な収納スペースです。ここにはベビーカーや三輪車、部活用品やゴルフバックなど大きさのあるものをスッポリと収められる広さを確保しておきましょう。

そして、このシューズクロークから室内へスムーズに入れるように動線を確保していることで、小さな子どもでも靴や物を片付けて室内へ入ってくるという習慣が身につけられるのです。湿気でカビの発生なども気になりますし、靴を大容量に収納することでニオイも気になります。換気扇を設置したり、ナノイー発生機を設けて湿気やニオイ対策もしっかりと行い、衛生的な玄関を保ちましょう。