リビング収納

Posted by: 住宅業界の人 in 住宅 コメントは受け付けていません。

シューズクロークやパントリー、ウォークインクローゼットなど各部屋に収納スペースをしっかりと確保した家造りを行う家庭が多い中、意外と忘れてしまいがちなのがリビング収納です。生活を始めてそのことに気付き、収納家具やラックで収納を増やす家庭もおおいのですが、居住スペースが狭くなりますし、空間に凹凸が生まれることでごちゃごちゃした印象となり、広さや開放感、そしてスッキリとした印象がなくなってしまうのです。家族が長時間過ごすリビングは物が集まってきやすいだけに、きちんと物を収納できるスペースを確保しておきましょう。

そこで我が家は、テレビ台の後ろの壁の後ろにウォークイン型のリビング収納を設けました。壁一面に大きな棚を造り付け人が一人行き来できる広さですが、小物から大きさのある電化製品までしっかりと収納することができています。リビングでちらかりやすい物の一つに子ども達のおもちゃが挙げられます。また、幼稚園から帰宅すると園服やカバン、帽子などが散らかります。そこでこの造り付けの棚の下部には子ども達のおもちゃや絵本、幼稚園グッツやランドセルなどを整理しています。自分の物を出し入れすることができ、幼稚園から帰宅するとここでまず荷物を片付ける習慣が身に付いてきました。

リビングではアイロンがけをしたり、パソコンを利用します。アイロンやアイロン台、パソコン関連用品や裁縫道具なども整理していますし、日用品や掃除機や扇風機、ヒーターなどの電化製品も収納しています。一部分にはハンガーパイプを設けコートクロークとして利用しています。このような収納力のあるリビング収納を設けたことでリビングがスッキリとしています。