繁雑なコード類の識別と巻き取り

Posted by: 住宅業界の人 in 住宅 コメントは受け付けていません。

家庭でも職場でも電気製品・機器が増えると、コード類の管理が問題になります。PC・周辺機器、テレビ・オーディオ機器、ゲーム機器の周辺はコード類がひしめき絡まりあって、どれが何やら区別がつかなくなっています。そんな状態の時に、機器のトラブルが発生したり、機器の配置替えが必要になったりしたら大変です。タップから特定の機器のコードを抜こうとすると、床に這いつくばってコードの元まで辿る作業が必要になることもあります。一旦セットしたコードは、頻繁に抜き差しするわけではありませんが、必要な事態に備えて、どれがどの機器のコードなのか、即座に分かるようにしておきたいです。

それぞれのコードに目印となるインデックスをつけておきましょう。身近なところに丁度良いグッズがあります。パンの袋を綴じている小さなプラスチックのクリップを使います。このクリップなら機器の名前が記入できて、さらに取り外しのできる穴がコード径に程良くフィットするのです。気に留めることもなく捨ててしまっていたクリップが意外なところで役に立ちます。

また、様々なマーカータイも売られています。カラフルなものもあります。ラバー状で、両端のクルクル巻きの部分をケーブルに巻きつけ、中央のフラット面に機器名を書き込むものもあります。

PCやデスクライトの余分な長さのコードも持て余します。掃除機がひっかかり、見た目も良くありません。
そんな余分なコードを巻き取る巻き取りグッズがいくつか市販されています。かわいくスタイリッシュに収納できるボックス型、束ねる方式、巻く収納など、たくさんの種類があります。