畳スペースの活用法

Posted by: 住宅業界の人 in 住宅 コメントは受け付けていません。

和室を設ける位置について頭を悩ませる人は多いと思います。以前は完全独立型の和室を設けるのが多かったですが、最近ではLDKの一体感を重要視し、LDKに繋がりを持たせる和室を設ける家庭が多いのです。
後者のスタイルにすることで畳スペースを多目的で使用することができます。リビングの延長として家族がくつろぐこともできますし、いざという時は宿泊者の宿泊ルームとして活用することもできます。

LDKとの一体感を感じられる和室には少し工夫が必要にもなってきます。洋風の空間と和風の空間が違和感なく調和できるように、和室を小上がりにするといいのです。和室に高さを持たせることで洋の空間と和の空間の調和が取れやすく、LDKとの繋がりを感じながらも、独立した空間のようにも感じられるのです。

小上がりにすることで魅力も増えます。畳下に生まれるデッドスペースを収納スペースとして活用することができるのです。人の集まるLDKのスペースには物も集まります。その空間に少しでも収納スペースを多く設けておくことは大事なことです。居住スペースに物が散らかると開放感を失ってしまうのです。物がきちんと片づけられる環境を整えておきたいものです。

また小上がりにすることで、サッと腰を下ろせるスペースにもなるのです。家事の合間の休憩もこのような和室があると、体を伸ばせてゆっくり休憩できます。そして小上がりになっているので立ち上がりやすく、家事への取り掛かりもスムーズです。和室がないという住宅も多い中、日本人なら畳のある和の空間を大切にしたいと改めて感じます。