住宅ローンの諸費用

Posted by: 住宅業界の人 in 新築 コメントは受け付けていません。

住宅ローンを借り入れするのは一生に一度のことということが多いでしょう。
そのため、住宅ローンのことはわからないことばかりではないでしょうか。
私の友人が新築を大分で建てたのですが、彼も最初は全く分からなかったそうです。
住宅ローンを借りようと考えた時にはまず、インターネットで調べてみるのがいいと思います。
詳しく書いているサイトがいっぱいあるのでそういったところを参考にするのもいいでしょう。
住宅ローンを借りる時に気になることとして、どのような費用がかかるのかということがあると思います。
一般的に保証料、印紙代、火災保険料、事務手数料、抵当権の設定費用等が必要になってきます。
このうち保証料の分が大きいです。
借り入れる金額にもよるのですが何十万円という額が必要になってきます。
通常は融資時に払わないといけないのですが、住宅ローンに組み込むこともできるようです。
今は保証料が必要ない住宅ローンもありますので、そっちを利用するのも手かもしれません。
フラット35も保証料は必要ありません。
他に気にかかることとして生命保険に加入しなければいけないことでしょうか。
住宅ローンを借り入れるために生命保険に加入しなければいけないことがほとんどです。この生命保険のことを団体信用生命保険といいます。
保険に入らなければいけない理由は、もし住宅ローンの返済期間中に借り主が死亡してしまったりした場合に家族に返済の負担がかからないようにするためです。
この保険に入っていることによって死亡した時に住宅ローンを全部返済することができます。