変動金利ってどうなの?

Posted by: 住宅業界の人 in 不動産, 新築 コメントは受け付けていません。

変動金利のことを説明します。
変動金利は住宅ローンの借入期間中に短期プライムレートと連動して金利が変動します。
短期プライムレートというのは、銀行が優良な企業にお金を短期的に貸し出すときの優遇金利のことを指します。
この優遇金利をもとにして住宅ローンの変動金利も決まってくるのです。
変動金利を借りられる方も多いのですがこの変動金利はリスクも多くあります。
変動金利は金利が低くなる時には便利なのですが、金利が上がってきた時にやっかいなのです。
変動金利の見直しが半年に一度行われるのですが、その時に金利があがったとします。
その時、金利があがってもいきなり返済額が変わるということはありません。
5年間は返済金額が変わらないようになっています。
ではどうやって金利が上がった調整をするのでしょうか。
5年後に一気にあげるのかというとそういうわけではありません。
返済金額の振りわけを調整しているのです。
具体的にいうと利息と元金がありますが、利息の支払いを多くし、元金の支払いを少なくします。
こうすることで増えた分の利息を確保します。
元金の支払いが少なくなるので利息の支払いがなかなか減りません。
金利が上がりすぎると利息の支払いだけで返済金額をオーバーしてしまい、元金が全く減らないという状況になることもあるようです。
そうなってしまうと借り換えをしたりしなければなりませんが、金利も大きく上がっているので借り換えも難しい状況になることがあるので十分に気をつけて下さい。