まず金利について考える

Posted by: 住宅業界の人 in 不動産, 新築 コメントは受け付けていません。

中古住宅、中古マンション、新築住宅などを購入する時には、一般的に住宅ローンを利用します。
住宅ローンを主に取り扱っているのが銀行です。
銀行で住宅ローンを借り入れする場合には、銀行によって取扱いできる地域が決まっていたりするので確認しておくといいでしょう。
住宅ローンを借り入れするには申し込みをして審査を受けます。
その審査に通過すると住宅ローンを借り入れすることができるようになります。
住宅ローンを考える時にはまず金利について考えたほうがいいでしょう。
金利には全期間固定金利型と固定金利選択型と変動金利型があります。
今回は全期間固定金利型と固定金利選択型のことを説明します。
全期間固定金利型は住宅ローンを借り入れしてから返済するまでの期間の金利が決まっています。
返済する金額がきまっているということで、計画が立てやすく、安定した返済をしていくことができます。
この全期間固定金利型の代表的な住宅ローンはフラット35です。
フラット35は住宅金融支援機構と民間金融機関が協力して行っている住宅ローンです。固定金利は借入時の金利は変動金利よりも高いのですが、その分安定した返済が出来るようになっています。
私の友人も健康住宅を大分に建てた時に全期間固定金利で借りたそうです。
固定金利選択型は、固定金利の期間が一定で、その期間が終わった後に再度固定金利にするか、変動金利にするかを選びます。
気をつけておきたいのは、一定期間が終わって再度選びなおす時にはそのときの金利になるところです。