住宅ローンの返済は大変

Posted by: 住宅業界の人 in 不動産, 新築 コメントは受け付けていません。

住宅を購入するということを考えるときになかなか購入する決心がつかないということはありませんか。
住宅を購入するためには住宅ローンを組むのが一般的です。
住宅ローンは何十年間と返済していかなければいけないローンです。
仕事を定年退職したあとも払い続けるのは大変です。
そのため購入をするのなら早い内から計画を立てておくことが大事です。
今は住宅を購入せずにずっと賃貸で生活をしたほうがいいと考える人も多いようです。
賃貸物件のメリットはずっと同じ場所に住み続ける必要がないことや、手軽に生活できるところでしょうか。
デメリットは家賃を払い続けても自分の持ち物になることがない、あまり部屋をいじることができない、周りに気を遣わなければいけないなどです。
住宅のメリットは住宅ローンの返済を済ませればその住宅が自分のものになる、部屋をすきにいじることができる、売ることもできるなどです。
デメリットは住宅ローンの返済が大変である、固定資産税などの税金がかかる、定期的に修繕をしなければいけないなどです。
どちらにもいいところわるいところがあるので、自分に合った方を選ぶのが一番いいと思います。
ただ、高齢になってくると賃貸物件を借りることが難しくなるようです。
今は高齢者向けのところもあるみたいなのでそこまで心配することはないのかもしれませんが。
よく家賃を支払うぐらいなら住宅ローンで家を買った方がいいなどといわれますが、住宅を購入した後も維持するためにお金はかかってきます。
ですので、自分でどちらがいいのかをじっくり考えて選ぶようにしていきましょう。