住まいは窓が重要

Posted by: 住宅業界の人 in 住宅 コメントは受け付けていません。

家造りを行う大部分の人が「夏は涼しく、冬暖かい家」ということを希望することでしょう。我が家もまずこのことが大前提で家造りを進めてきました。これを実現するには建物自体の断熱性が重要なのだとばかり思っており、使用する断熱材や断熱工法ばかりに注目していました。もちろんこのことも大事なのですが、それと同じくらい窓が重要であることを知りました。

冬の暖房時の熱が流出する割合は、屋根5%、床7%、外壁・換気15%、窓58%です。夏の冷房時に熱が入る割合は、床3%、換気6%、外壁7%、屋根11%、窓73%です。この数字をみると窓の断熱性が重要であることが一目瞭然なのです。そこで我が家は、遮熱高断熱Low-E複層ガラスと断熱性の高い樹脂サッシを取り入れました。

この遮熱高断熱Low-E複層ガラスは、2枚の板ガラスの間に乾燥空気を封入し、室外側ガラスの中空層面側に遮熱高断熱特殊金属膜をコーティングしているものです。この特殊金属膜は赤外線や紫外線を大幅にカットしてくれるのです。実際にこの窓を設置した住まいで生活して感じることは、外気温に左右されないということです。夏は太陽の熱を大きく反射するため冷房効果を高めてくれ、冬は高断熱性能を発揮し室内の暖かさを室外に逃がしにくくするので暖房効果の向上に役立ちます。冷暖房を効率よく利用でき電気代の節約につながっています。

冬場は窓の結露に悩まされる家庭も多いのですが、窓の断熱性を高めることで結露の抑制に繋がります。結露抑制は、アトピーの一因といわれるカビやダニの発生を抑えるので健康な住空間を作り出す要素にもなります。窓に注目して家造りを行い夏は涼しく、冬暖かい家を目指しましょう。

1坪洗面室

Posted by: 住宅業界の人 in 住宅 コメントは受け付けていません。

今までは洗面室の広さは1坪が一般的でした。しかし、最近では洗面室を重要視する人が多く、1坪以上の広々とした洗面室を設ける家庭が増えています。しかし、我が家は1坪しかスペースを確保できませんでした。限られた広さでも最大限に有効活用できるように工夫を凝らしました。

まず、デッドスペースが生まれないように洗面室のドアを引き戸にしました。そして、限られた広さでも必要なものをきちんと収納できるスペースを確保するため、できるだけ壁面を確保したのです。通常、洗濯機の上部辺りに設けられる窓ですが、洗濯機の上部を壁面にして収納スペースを確保したかったので、洗面室の窓は天井近くの高い位置に設けました。そして、チェーンで開閉できるものを選びました。そうすることでしっかりと明るさを確保できながらも、風の流れを確保できるため風通しもいいのです。

洗濯機の上部には可動オープン棚を設けて下着やパジャマを収納することができました。そしてこの洗濯機と洗面室を隣り合わせに設置すると30㎝ほどの隙間が生まれました。隙間をそのままにしておけばゴミが溜まるだけです。そこで洗面台と同じ奥行と高さがある隙間収納を設けました。タオル類やお化粧道具、洗濯関連用品など洗面周りで必要なものをきちんと収納できるのです。

また、入浴時には着替えなどを置くカウンターがあると便利です。そこで開閉式のカウンターを設けて、必要な時はカウンターを出し、使わない時はカウンターをスッキリと壁に収められるようにしたのです。このように工夫を凝らしたことで1坪でも利用しやすい空間となっているのです。

アウトドアリビングを楽しむ家

Posted by: 住宅業界の人 in 住宅 コメントは受け付けていません。

我が家はリビングに面してウッドデッキを設けました。横幅のあるウッドデッキには奥行も持たせたため、ウッドデッキを多目的に使用できるようにしました。リビングの延長としてウッドデッキで過ごしやすくするために、リビングとウッドデッキの境には段差をできるだけ設けないようにしました。
段差がないことで小さい子どもから高齢者まで安心して行き来ができます。また段差なく繋がることで、ウッドデッキがより身近なスペースに感じられ、使いやすさも高まります。

ウッドデッキへの行き来は、リビングに大開口の窓を設置したので、ここから行き来をします。窓を閉めていてもカーテンを開けると庭が一面に広がり、庭と室内の一体感を感じられるのです。室内から絵画を眺めているような気持ちにもさせてくれ贅沢な時間が流れます。ウッドデッキではペットとの時間を共有してもいいですし、子どもの遊ぶスペースとしても利用できます。気候によってはここにテーブルを置き、食事やお茶を楽しむのもいいでしょう。太陽の日差しを浴び、心地よい風を肌で感じ自然と隣り合わせの時間を過ごせるウッドデッキは、今ではなくてならない存在となっているのです。

庭との距離も縮めてくれるので、バーベキューの際にもウッドデッキが活躍してくれるのです。将来的にはこのウッドデッキスペースをパネルで覆いたいと思っています。そうすれば天候に合わせてパネルを開閉してより多目的に過ごしやすい空間が広がります。室内干しとして洗濯物を干すスペースとしても利用できますし、いつでも庭との一体感を感じながら時間を過ごすことができます。室内だけでなくアウトドアリビングを楽しめる家は住まいの楽しみ方の幅を広げてくれます。

重要な洗面室

Posted by: 住宅業界の人 in 住宅 コメントは受け付けていません。

洗面室は家族みんなが使用する場所です。手洗いや歯磨き、ヘアセットやお化粧など身支度をしたり、入浴の前後など一日を通して家族みんなが何度も使用します。また、洗面室に洗濯機を置く家庭が多く、洗濯機があることで家事を行う場所でもあるのです。家族みんなにとっても大事ですし、家事を行う主婦にとっても重要な空間となります。それだけに家造りでリビングに次いで洗面室を重要視する家庭は非常に多いのです。

その傾向として、今までは洗面室の一般的広さは1坪と言われていました。しかし最近では1坪以上の広さに余裕を持たせた洗面室が増えているのです。家族が多い家庭では、朝の身支度を行う際に洗面室が混み合い、思うように身支度ができない!と不満に抱えていることも多いのではないでしょうか。広さに余裕のある洗面室にすることで、大きな洗面台を設置することができます。大きな洗面台があれば、家族が二人並んで歯磨きをしたり、身支度を行うことができるため、忙しい朝の時間帯でもスムーズに身支度を行えます。

またいろいろな用途で使用する洗面室では必要なものが多い場所でもあるのです。そこで広さに余裕があればたっぷりと収納スペースを確保することができます。壁一面にオープン棚を設けて洗濯関連用品や、タオル類、そして家族の下着やパジャマまでここに収納しておくと便利です。必要なものがきちんと管理できることで、洗面室に物が散らかりにくく作業スペースを広々と確保できるのです。そしてここに洗濯機があることから、室内干しを完備しておくのも家事の効率を高められていいと思います。洗面室が重視されるのも納得ですね。

依頼する業者

Posted by: 住宅業界の人 in 住宅 コメントは受け付けていません。

家造りはまず依頼する業者を選ばなければなりません。大手ハウスメーカーから地元の工務店まで合わせると数多くの業者が存在します。その中から一社選び出すのは容易なことではないのですが、一生に一度の高額な買い物となる住宅だけに慎重に、そして信頼できるパートナーと出会いたいものです。この出会いこそが家造りを成功させるための大きなポイントであるのかもしれません。

我が家も最近新居が完成し、新しい家で新たな暮らしを始めています。我が家が依頼した業者は、地元に密着した工務店です。世間一般的に会社規模が小さいため不安視されることも多いですが、建築主である我々の希望や都合を最優先してくれました。大量生産とは異なり一品生産の家造りを行うことができたのです。こだわりや理念を強く押し出し、経営者や社員の顔が見えやすい会社が多いのですが、それだけに自分達に合っているかどうかが判断しやすくなるのです。

工務店独自のテイストが現れるため、個性が出やすいのです。一つひとつの打ち合わせを重視してくれ、設計が完成するまでには時間がかかることも多いです。時間をかけて家造りを進めるため、完成した時の達成感や充実かも非常に高いのです。広告宣伝費やモデルハウス維持管理費などがかからないため、同じ仕様の家ならハウスメーカーより安くつくりことができるのです。そして何より地域での評判を重視するため、施工はもちろんその後のメンテナンスにおいても重要視してくれるのです。安心して家造りができる大きなポイントとなるのです。

我が家はこの業者と出会えたことで最高の住宅を完成させることができたと思います。まずは信頼できるパートナー探しを重視してもらいたいと思います。

造り付け家具

Posted by: 住宅業界の人 in 住宅 コメントは受け付けていません。

テレビ台や本棚、カップボード、カウンターなど生活をしていくには家具が必要です。これらの家具をオーダーメイドで造りこんだ家具のことを造り付け家具と言います。最近では新築住宅やリフォームの際に造り付け家具を取り入れる人が増えてきました。まず造り付け家具の魅力は、建物の空間に合わせて家具を造り付けるので、その場所にピッタリの家具を設けることができるのです。

空間にピッタリなのでスッキリとまとまりのある空間が広がるのです。また自分好みのデザインや素材を使用することもでき、既製品とは違いオンリーワンの家具を手に入れることができるのです。使いやすく家具への愛着も増すのです。
多いのが、リビングのテレビ台など壁面収納と一体化させるスタイルや、オープン棚を取り入れ見せる収納を取り入れたり、好みに合わせてデザインを決め、収納力をアップさせることもできるのです。

壁に家具を固定させた造りにしたりするなど、突っ張り棒や金具などで固定する必要がないので家具の倒壊などを防ぐことができます。造り付け家具は耐震性に優れているのです。日本は地震大国でもあるだけに耐震性の高さは大きな魅力と感じるのではないでしょうか。しかしこれらの魅力がある一方で、こだわりすぎることで割高な家具になってしまうのです。

最近では既製品家具はかなり安価に手に入れることができます。それと比較すると高くて断念してしまうという人も少なくありません。また部屋の雰囲気を変えたいと思っても模様替えすることができないというデメリットもあります。造り付け家具のメリット・デメリットを知り取り入れてみてほしいと思います。

壁面収納

Posted by: 住宅業界の人 in 住宅 コメントは受け付けていません。

先日遊びに行った友人宅には、リビングの壁一面を利用して壁面収納を設けていました。テレビ台を含め、壁一面を利用して設けられた造り付けの壁面収納があることで、リビングがより広々感じられ、空間にまとまりを感じられました。この壁面収納は見せる収納を隠す収納が取り入れられており、それを上手に活用し、物はきちんと片づけられるが、見せる収納でリビングのデザイン性も高めていました。

最近空間にぴったりの造り付け家具を取り入れる家庭が増えてきました。空間にぴったりの家具を取り付けることでデッドスペースを生まず、空間を有効的に利用できるのです。このような壁面収納があることで空間のあちらこちらに収納アイテムを設置しなくてよくなるので空間がスッキリとするのです。リビング内に子どものおもちゃをしまう収納ケースを設置したり、電話台を置いたり、あちらこちらに収納ケースやキャビネットを設置することで空間に凹凸が生まれ、狭さや圧迫感を与えてしまいます。

壁面収納を取り入れることでこれを解消できるのです。下部はテレビ台を設けその両サイドには壁いっぱいに収納スペースを設けます。ここには子どものおもちゃをしまうといいでしょう。そしてテレビの両サイドはオープン棚にします。見せるようにアイテムを並べて片付けるのもいいですし、お気に入りの雑貨を並べてインテリア性を高めるにも有効です。天井近くの上部にはキャビネットを設けます。ここにはDVDや日用品など見られると生活感を感じてしまうものを収納するといいのです。壁面収納を取り入れ空間にまとまりを与え、物が片づけられるようにするのはいいなと思いました。

LDKの一体化で気を付けること

Posted by: 住宅業界の人 in 住宅 コメントは受け付けていません。

最近ではLDKの一体化を重視する人が増えてきました。それが一番人気の間取りでもあります。以前はダイニングとリビングの間には壁や建具で空間を区切ってしまうことが多かったです。広さというよりは、個室が多い住宅といった印象です。しかし最近ではLDKの間にできるだけ壁や建具を設けず、広々と開放感のある空間を求める人が多いのです。空間を区切ることで閉鎖的な印象や圧迫感を感じてしまうからです。

しかしLDKの一体化を追求しすぎることで、空間が単調になり間延びしてしまうこともあります。LDKとの一体感を大事にしながらも、それぞれの空間の緩やかにゾーニングすることで、空間にメリハリが生まれ、スッキリとした空間が広がるのです。

例えば、家族団らんの場となるリビングをダウンフロアにします。階段2,3段分の高低差を付けることで、空間的な繋がりは損なうことなく、空間を緩やかに区切ることができるのです。最近では、リビングを広々と確保してリビング内に和室を設けたり、リビングの延長上に和室を設ける間取りが人気です。そこで洋風のリビングと和風の畳の部屋が違和感なく存在するように、和室を小上がりにする家庭も少なくありません。段差を設けて空間をゾーニングするのはいいと思います。

またリビングとダイニングの間に気の面格子を設けてゾーニングするのもいいと思います。面格子が空間のアクセントにもなってくれますし、それぞれの空間にしっかり明るさを通してくれるので閉鎖的な印象にはなりません。面格子が視線を緩やかにカットしてくれるので、リビングからの視線を気にせず食事を楽しめるのです。LDKの一体化考える際には、空間へのメリハリをつける方法も考えておきましょう。

玄関収納

Posted by: 住宅業界の人 in 住宅 コメントは受け付けていません。

玄関は住宅の顔とも言われる部分です。玄関は家族が出入りするのはもちろんのこと、家に遊びに来たお客様がまず最初に足を踏み入れる場所でもあるのです。玄関を常にきれいに保てる家でありたいと願う人は多いと思います。私が以前住んでいた住宅では、子ども達や旦那さんが帰宅すると、玄関部分に靴が散らかりその光景を見る度にストレスとなっていました。

その原因の一つとして、収納力のない靴箱が挙げられます。靴箱の収納力がないことで、靴が常にぎゅうぎゅう詰めになっていました。靴の出し入れがしにくく、子どもも旦那さんも靴を出すことはしてもしまうことは一切しませんでした。新築住宅では天井にまで広がるシューズクロークを設けました。玄関スペースよりもむしろこのシューズクロークを充実させたいとさえ考えたほどです。靴を大容量に収納できるだけでなく、どこにどの靴があるのかが一目瞭然で、また出し入れもしやすいことから、自然と子ども達は自分の靴を出し入れする習慣を身に付けることができました。

この習慣がすんなり身に付いた理由に、シューズクロークから室内へ出入りができる動線を確保したからだと思います。靴をしまうのと同時にそのままスムーズに室内へ入れることで、生活のしやすさを高められているのです。またこのシューズクロークは靴を収納するだけでなく、室内には収納できない屋外で使用する物も収納できる土間収納スペースも確保しました。ベビーカーや三輪車、旦那さんのゴルフ用品など今まで玄関やポーチ部分に置きっぱなしだったこれらをシューズクローク内にしまえることで玄関をスッキリと片付けられるのです。玄関を快適にするには玄関収納を充実させることが一番なのかもしれません。

庭の造作と照明

Posted by: 住宅業界の人 in 住宅 コメントは受け付けていません。

住まいを新築する時、庭が欲しいと思います。庭にも十分広さを避ける場合は問題ないのですが、そんなに広くない場合は、いろいろ工夫しなければなりません。半日陰の環境でも、植える木などを考えれば、大丈夫ですし、坪庭のようにコンパクトに仕上げることもできます。また、照明を工夫することで、素敵な空間を作り出すこともできます。

私の友人が住まいを新築したのは、市街地の住宅密集地でした。
そんなに広い土地を確保することはできませんでしたし、細長い形状の土地ですから、住まいの南側に通路よりは少し広い程度の空間しかありません。それでも、南向きにLDKを配置しましたので、そこから見える外があまりにも味気ないものでは残念です。そこで、隣家との境界に樹脂フェンスを設けました。これは目隠しにもなりますし、バスケットなどをハンギングできます。バスケットには、季節ごとに花を植えかえます。例えば、春には、パンジーやビオラやゼラニウム、夏にはニチニチソウやペチュニアなどを植えます。秋から冬にはかけては、ガーデンシクラメンなどを植えます。フェンスの前には、アセビや沈丁花やアジサイなどを植え、足元には、ヤブランやリュウノヒゲなどを植えます。

彼女とご主人は、遅い夕食が済んでから就寝までの時間をリビングスペースで過ごすことが多いので、フェンスの上から下に向かって、タイムスイッチ付きのLEDライトで照らすようにしています。ただ、植物にも夜が必要なので、午後11時には、そのライトが消えるようにセットしています。足元には、真っ暗になるのを防ぐために、ローライトを設置しました。庭というには、幅がないので、路地風に見立て、自然石を飛び石に配置し、隙間をアンティークレンガチップで埋めてもらいました。幅は狭くても、ハンギングされた植物や低い位置の植物がライトアップされて、とても素敵な雰囲気になりました。